原因を突き止めて治療|たるみ治療で肌を若返らせよう【すっきり肌になる】|美ケア法

原因を把握した上で最適な治療をする!たるみ治療の基本を知ろう

何が原因なのかを知ることが大切

なぜ肌のたるみが発生したのか、原因が分からないままたるみ治療をするとまた時間の経過とともに再発をする恐れがあります。そのようなことが起こらないためにはたるみの原因を知った上で対策をしていく必要があるのです。たるみになる原因は日常生活の中にあることが多いです。自分のたるみの原因を把握してからたるみ治療をするようにしましょう。対策のために正しいスキンケアをすれば症状を抑えることも可能です。

たるみの原因BEST3

no.1

紫外線

日中は太陽が出ているため紫外線による肌のダメージを受けやすいです。日傘をさしている人や日焼け止めを塗って対策をしている人なら肌へのダメージを抑えることができますが、外で仕事をしている人などは普通の人に比べて紫外線に当たる時間が多くなります。対策をしていたとしても全ての紫外線を防ぐことはできないので、紫外線に当たる時間が多くなることでたるみやしわを作りやすくなってしまいます。また紫外線の影響により肌の中で生成されるヒアルロン酸の量も減少してしまうでしょう。

no.2

生活習慣

紫外線とともにたるみの原因として多いのが生活習慣です。綺麗な肌を維持するためには肌機能を正常にしてくれるヒアルロン酸やたんぱく質が必要となります。ですが不規則な生活習慣を送っていると肌に必要な栄養を届けることができず、肌が栄養不足となり新しい肌を生成することができなくなります。そうなると肌の活動は悪循環となりたるみを作りやすくしてしまいます。また日頃から睡眠をとっていないと疲労が蓄積して更にたるみを発生させやすくなります。

no.3

加齢

人間の加齢は誰にも止めることはできないので、加齢による肌のたるみは予防するしかありません。20代は肌機能が安定していますが、40代や50代などと年齢を重ねていくとヒアルロン酸を生成しにくくなり、徐々に肌機能が低下していきます。ヒアルロン酸を含む化粧品を使うことや、ヒアルロン酸注射をすることで肌機能を整えることができるので、何らかの方法で肌機能を取り戻さない限りは肌に潤いを維持することは難しいでしょう。

良いクリニックの選び方を知っておくのが得!

口コミで評判があるかどうか

雑誌やインターネットで有名なクリニックは数多くあるので、多くの人から人気の高いクリニックなら安心感があるのではないでしょうか。たるみ治療を受けた人達からの口コミも掲載されているため、それを参考にクリニックへ行くかの検討をしてみてください。また周りにクリニックへ行った人がいるなら直接話を聞いてみるのも良いでしょう。

医師とのカウンセリング

自分の利益しか考えていないクリニックはすぐに費用の話を持ち掛けます。あらゆる方法で金額の高い手術をおすすめしてくるので、強引に誘導してくる医師であれば注意をしましょう。患者の不安を親身に聞いてくれた上で、その人に合う治療法を提案してくれる人を選ぶようにしてください。また自分と相性の合う医師にすることも大切です。相性の合う人であれば些細な悩みがあってもその都度相談することができるはずです。

最新の設備が十分に揃っている

医療は年々進化を遂げており、最新の設備を整えているクリニックが増えてきています。従来の機械よりも最新設備の機械を用いた方が効果が高いというメリットがあります。更に効果を実感したいと考えているなら最新設備を整えているクリニックを選びましょう。そういったクリニックは人気が高く予約も多いことが考えられるので事前に連絡をして予約できるかチェックしておくことが大切です。

治療後のアフターケアが万全

たるみ治療を受けて全ての患者が良い効果を実感できたというわけではありません。中にはたるみ治療を受けて効果がないどころか副作用が発生したという方もいます。治療法によってはその人に合う合わないがあるため、そういったトラブルが生じてもアフターケアをしてくれるクリニックがあれば安心して治療を受けることができるでしょう。アフターケアは基本的に期間内であれば無料で行なうことができます。安心安全に治療をしたいならアフターケアが万全なクリニックを選ぶようにしてください。

原因を突き止めて治療

女の人

たるみは種類によって治療法が異なる

肌にできるたるみは多くの人が悩みを抱えることでしょう。たるみは一つだけではなく複数の種類のたるみが存在します。一見見た目では分からなくても、医師はどのたるみか判断して最適な治療法を提案してくれるでしょう。たるみの種類を理解してからたるみ治療を行なうとともに自宅でもスキンケアをするようにしてください。自分に合う治療をすれば早期でたるみ改善をすることができるでしょう。

コラーゲン低下による皮膚のたるみ

肌機能が正常に作用しているのは肌の生成を促す成分が身体の中にあるからです。ですが肌機能を正常に促すために必要なコラーゲンやエラスチンという成分が不足してしまうと肌が乾燥しやすくなり、肌のバリア機能も衰えてしまうでしょう。そうすることで肌にハリがなくなり皮膚の表面からたるみが出来てしまいます。また皮膚の表面が弱くなることで引き締まった毛穴も徐々に開いてしまうという症状が起こります。

脂肪繊維がたるんで起こるたるみ

肌にある脂肪繊維が引き締まっていると肌にハリと艶を維持することができ若々しく見えますが、この脂肪繊維がゆるんでしまうとたるみが起こってしまいます。年齢によって肌がたるんで脂肪になるとそれが脂肪繊維を刺激して繊維を傷つけてしまいます。その結果脂肪繊維がたるんでしまって肌のたるみを引き起こすのです。またたるみ以外にもしわが起こりやすいとされています。

肌にあるネットのたるみ

肌の奥には脂肪がありますが、その脂肪を支えるネットが存在しているため肌機能が正常であればそのネットが伸びることもなく脂肪を支えていくことができるでしょう。しかし何かしらの原因で肌に脂肪が増えると肌の中にあるネットも重さに耐えきれず伸びてしまいます。重力に逆らえなくなったネットはそのまま下に伸びていくため、それによってたるみが起こってしまうのです。

水分が増えてむくむことによるたるみ

肌の中にある脂肪層に水分が大量に溜まってしまうとむくみが引き起こされてしまいます。このむくみは脂肪を更に増幅させてしまうためそれによって肌を垂れさがらせてしまうのです。むくみを改善しない限りたるみの症状を抑えることは難しいでしょう。むくみは目元やフェイスラインに沿って現れることが多いとされています。たるみ治療を受けるとともにむくみを取るマッサージをするのが良いでしょう。

広告募集中