ヒアルロン酸注射やレーザー治療、フェイスリフトで悩み解決

20代のようなプルプル素肌になりたい

年齢肌を気にする人は多いですが、自然に肌年齢が上がっていくのでどうしようもないことでもあります。肌年齢を止めることはできませんが、遅らせることは可能です。自分自身の肌に合うスキンケアをすることや、PDクリニックなどでたるみ治療をすることで若い肌を取り戻すことができるでしょう。努力次第で自分の理想としている肌を手に入れることができます。口コミなどを見て評判の良いクリニックを探して治療を受けるようにしてください。

肌トラブルはすぐに解決!クリニックで安心治療をしていこう

女の人

原因を突き止めて治療

原因を特定した上でたるみ治療をすれば改善できる可能性が高まるでしょう。たるみは同じように見えても人によってたるみの種類が違うので、むくみによるものなのか、脂肪繊維がゆるんだことによるたるみなのかを把握することが大切です。自分で判断できないとしても、クリニックの医師に診てもらうことでたるみの種類や原因を知ることができるはずです。たるみを引き起こさないためには、日常生活の過ごし方も変えていくようにしましょう。そうすればたるみを作りにくい肌にすることができます。

READ MORE

[PR]

ヒアルロン酸が大阪で話題!
綺麗になりたいなら必見★

治療には種類がある

カウンセリング

ヒアルロン酸治療なら簡単に綺麗な肌が手に入る

大阪には多くの専門クリニックがありますが、たるみ治療を行なっているほとんどのクリニックでヒアルロン酸注射のメニューがあります。ヒアルロン酸注射ではヒアルロン酸を直接肌に注入して潤いを取り戻すことで肌を若返らせるという方法です。注射をするだけなので施術時間もかなり短く、手軽にたるみ解消をしやすいことから多くの女性からヒアルロン酸注射が人気を呼んでいます。またヒアルロン酸注射の他にもボトックスやプラセンタ注射など治療方法を選ぶことができます。注射の種類はクリニックによっても異なります。

フェイスリフトには切開と切開しない方法がある

ヒアルロン酸注射の他にもフェイスリフトの方法で肌のたるみ治療をすることが可能です。フェイスリフトではメスを使って切開する方法と切開せずに糸を用いる方法を行ないます。メスを使う方法では輪郭に沿って肌の脂肪を除去していくため、ヒアルロン酸注射よりも即効性を期待することができますが、切開するため肌に負担が少なからずあるというのがデメリットです。糸を使う方法は脂肪を直接除去することはできませんがメスを使うよりも圧倒的に負担が少ないでしょう。

光の照射で肌の質を良くするレーザー治療

レーザー治療をすることで肌の奥までレーザーの照射の効果を行き渡らせることができるため、肌細胞を活性化させて肌のたるみやしわなど肌トラブルを自然に改善することができます。レーザー治療にも色々な種類がありますが、フォトフェイシャルやサーマクール、タイタンなどが主流になっています。治療法によってレーザーか遠赤外線か、高周波かなどが異なるので、医師に相談をして決めていきましょう。肌の血行を良くして肌機能を正常に戻す効果が期待されています。

新着情報

広告募集中